WebSeo
...
WebSeo
2020-01-23 12:45:11
WebSeo logo

ブログ

は融資を増やし、イタリアの銀行が信託のことを話す。

これは確かにケースになりますか?

はイタリアの銀行は、融資の世界にイタリア人の信頼が高まっていることを示して新たな関係の銀行と通貨の数字を、公開しています。私たちは、家計への貸出の伸び率はおよそ9月に記録し、2.5%に沿ったもので、2.4%だった10月2019年の月から取られた数字で、特に民間人の話します。状況が-1%をマーク、赤前月に引き続き、1.4%の減少を参照してください非金融企業、で異なります。
パオロマメリ、インテーザ・サンパオロのシニアエコノミストは、イタリアの家族が今の仕事の状況について、より少ない悩みを持っていると主張しています。クレジット市場での大きな自信にこのリード。消費者は、より安全な感じ、契約債務にはあまり恐怖を持っています。唯一の私たちの国の経済を活気づけることができ、流動性の注入でこれが結果。
国際絵は、ローンアウトテイクのための一般的な条件が正である、改善そのものです。金利が通常よりも低くなる傾向があり、あらゆるニーズのために設計された多くのオプションとソリューションがあります。それは彼らの給与や年金の五分の一、または単純な融資が確定していないかどうかは、各機関や組織は、可能な限り多くの多様性とその顧客の提供の範囲を提供したいと考えています。
オプションといえば、政府が推進する最近のボーナステレビが熱心に消費者によって受信されているようです。時間2022まであるが、まだそれは、000 791約ユーロに相当割り当て1.51億の0.5%のみを支払いました。家族あたりわずか€50の割引なので、イタリア人は特に変更のテレビに奨励感じていない可能性があります。しかし、これらは唯一の仮定があり、理由は、伝送の新基準への移行から私たちを引き離す2年間であることも可能です。

関連記事