WebSeo
...
WebSeo
2020-01-16 09:40:32
WebSeo logo

ブログ

第五の2020割り当て:変更利率

  • photo

詳細のすべての料金

INPSは、平均有効グローバル金利で2020変更は2020年1月1日の時点で適用された年度の従業員のローン(給与の両方のボードという)の利息に影響する一連の変更を正式に発表しましたビューがどのように変化するかを3月31日、より詳細に2020レッツ・表示されるまで継続されます。 15,000ユーロ以上の数値が7.99パーセントに行くだろうしながら、EUR 15,000までの貸付金については
は、平均レートは、今で11.45パーセントです。年金受給者については、提携ブローカーからの借入金に対する閾値4月率は、次の図のようになります。

  • 59年:15,000 EUR / 6までのローンの8.51パーセント、 EUR 15,000以上のローンの73%。
  • 60〜64年:融資アップEUR 15,000以上のローンのために15,000ユーロ/ 7.53パーセントのための9.31パーセント。
  • 65〜69年:融資アップEUR 15,000以上のローンのために15,000ユーロ/ 8.33パーセントのための10,11%。
  • 70〜74年:融資アップEUR 15,000以上のローンのために15,000ユーロ/ 9.03パーセントのための10.81パーセント。
  • 75〜79年:EUR 15,000以上のローンの最大15,000 EUR / 9.83パーセントへの融資のための11,61%。

INPSは、と述べ、「年齢クラスは最低年齢クラスの誕生日が含まれています。年齢に加えて、返済計画の終わりに成熟していることを理解しなければなりません。」
我々は前回の記事で見たように、第5の販売がいずれかの退職者のための信用を得るための素晴らしい方法です。年金受給者の状況は、それ自体で、したがってあまり官僚やドキュメントを必要とする銀行、のための重要な保証です。これは、取得するための最も簡単なローンの残高1です。主な利点は、自動的に、自分のスキームに直接落ちるもちろん返済の手配

関連記事