WebSeo
...
WebSeo
2019-11-14 09:42:48
WebSeo logo

ブログ

ローンボーナスの家具と星への家具のための

  • photo

 

政府の新しい

は道の下で貸付金と利子補助金を利用して、イタリア人は自分の家の家具の改修工事に非常に敏感であるようです。ボーナスの家具は、リストラ策が最初にそれはボーナスは、それがアクティブ、それを維持することを決めた最後には2018年の終わりに終了するであろうと信じられていた2018年に開始されていることを実証するために提供、50%の割引価格で家具を購入することが可能となります物語のモラル
2020年の終わりまで、2019年には、ローン申請の16%は、その目的として、家具の更新や家具の購入を持ちます。 2018のデータと比較して3.6%の増加です。ホールローン市場は、家具を購入する家(20%)と中古車(19%)の購入の改築のために要求した後、第3の位置に自分自身を見つけるの理由を考えます。
画像の残りの部分はかなり明確です。有意な増加は+ 7.6%と、新しい車や0キロを購入する資金調達に(特に2019年10月に)注目される一方で、流動性の向上を目的とした融資は、15%程度にとどまります。連結の一般的な目的にローンはなく、全体の7.5%を証明です。
最新のデータはまた、我々は最近では予想していた傾向を確認:イタリア人は桁がますます含ま融資を求めています。具体的に2019年10月、10654ユーロの平均年末までに、話します。値は、12099ユーロに触れた2018年に終了している年(€11253)の先頭に記録それに関連して下落しています。
この、10,000ユーロ未満の数値のための資金調達要求の67.8パーセントを確認します。一貫して、消費者はより速く、過去に比べてお金を返すことを好む:18〜36ヶ月の資金調達が全体の36%以上を占めます。
興味深いことに、南、島々やセンターへの融資アプリケーションが大幅に減少しています。パーセンテージは、現在の55%に2018年の最初の6ヶ月で60%の有意な減少を指します。代わりに、同じ期間で45%、40%から上昇し北を回復。
ではなく、年齢層によって割合を維持し、多かれ少なかれ安定しています。貸付金の54.5%は18〜45年の間、顧客に付与されます。 2018年の上半期に比べて約1%の下落、あまり関係ありません。
最後に、誰にも何の驚きは、融資の大半は、永久的な契約(86.4パーセント)で、より安全と見なさカテゴリにその労働者を割り当てられません。

関連記事