WebSeo
...
WebSeo
2019-11-06 09:42:50
WebSeo logo

ブログ

悪い納税者のための第5、cambializzatiローンの割り当て

  • photo

どのように問題を抑制するために?

いわゆる「悪い支払者」には、いくつかの種類のローンを要求した後、一つ以上の分割払いの支払いが遅れているこれらの者です。銀行や金融機関は何とか考えられているような顧客から身を守る必要があり、「危険な。」したがって、債務者の名前は、情報システムCreditizia(SIC)に表示されます。これらは、融資自身の返済のための条件その両方のクレジット要求を記録したデータベースです。債務者の遺骨は、実際の重症度に応じて、12と36ヶ月の間の時間の可変周期について報告しました。この期間中、追加的な資金調達が不可能であるか、またはどのような場合にははるかに困難得ることが可能。
理論的には、期間の満了とSICを除去した後、私たちの悪い支払人は、新たな融資を要求することができます。残念ながら、手のデータは、物事は非常に異なっています。実際のゴミの多くの貸し手は、彼らがあまりにも危険な検討、過去の支払不能であることが証明されている個人の資金を調達します。幸いにも
おそらく問題を完全に解決するが、確かにそれを食い止めるために管理していないソリューションが、あります。
心に来る最初のオプションは、彼らの給与や年金の第五のです。彼らは公務員、民間および退職者を要求することができます。したがって、それはお金の先に特殊なドキュメントを必要としない、監督融資を超えています。第五の販売を使用すると、6万ユーロまで得ることができます。保証として機能するには、直接給与や年金になります。実際には - - 合計の第五の結果の図は、超えることはありません控除と、月割りによって返済されます。別の解決策
cambializzatiローンがあります。このケースでは、毎月の請求書と貸し手を返済する必要があります。保証は債務者の資産は、不払いの場合には、押収されるだろう。この場合にはあります。
しかしさえcambializzatiローンは分析フェーズを必要とすることを念頭に置いておく必要があります。銀行は、顧客が利用可能な危険因子と実際の手段を把握しようと、状況を分析します。 、何らかの理由で、これはもはや有料法案にできた場合、信用の世界へのアクセスがさらに損なわれないであろう。悪い納税者の問題を抑制するための最終
システムが保証人です。この場合、第三者が債務者に保証することを約束します。債務者がローンの一つ以上の分割払いを支払うことができなかった場合には、保証人が債務を決済するために介入する義務があります。

関連記事