WebSeo
...
WebSeo
2019-11-05 12:48:37
WebSeo logo

ブログ

より手頃な価格のローンは、しかし、イタリア人が家を借りることを好む。

  • photo

古い習慣が死ぬ

Tecnocasaは、イタリアの不動産市場に関する新たな研究からのデータを公表しました。状況は非常に明確である:家賃の平均コストは、全国の」少し成長している、個人ローンは非常に魅力的な条件を提供し続けながら。それにもかかわらず、借りるのではなく家を購入することを好むイタリア人の割合が高まっています。これは、特定の逆説的に見えるかもしれませんが、現実にはそうではありません。研究
、過去6ヶ月からのデータに基づいて、それは多くの消費者が信用市場にアクセスすることができないことを示しています。一番のヒットは、この場合にはオフィスや単一の収入のうち、若者、学生、労働者です。これらのケースでは家賃がゆえ最初の家をお探しの方のための唯一の可能な解決策、または作業活動に使用するプロパティです。 2019年の上半期に家賃のコストはマンションのための2.3%の平均増加しているとのために1.8%、大都市で行われた分析でTecnocasaで述べたように
2と3。興味深いことに、増加は、結果的にほぼ全体の市場を含む、分析のすべてのバンドオブジェクトに登録されています。
ボローニャ、ミラノは、平均コストよりかなり高い最大増加と都市です。ボローニャには、最大4.6%2とアパートのためにかなりの6.7%のため、スタジオのための+ 5.6%になります。数字はアップマンションのための4.2%とアパートのために5.3%、スタジオのための+ 6.1%と話すミラノにあるテナントの負の状況。
あなたが想像できるように、価格の上昇は - 少なくとも部分的に - 住宅市場の回復から。住宅のコストは、多くの所有者は今ではなく賃料を主張よりも、自分の財産を売却することを好む理由である、増加しています。
レンタル可能家庭の数でそのいくつかの減少に加え、いわゆる観光客のレンタルで主に発生します。需要は変化しないままで、あなたはその後、市場の少ない電源で終わる長期的には家を探します。
このすべてが一度発生したときに融資保証非常に魅力的な条件は、我々は前回の記事で見たように。また、興味深いのは、あなたが100,000ユーロに必要な支出の100%をカバーするために資金をゼロから家を建てることができ、従来の融資に比べて多くの場合、低金利を提供する、いわゆるグリーンローンの現象です。

関連記事