WebSeo
...
WebSeo
2019-10-23 09:45:02
WebSeo logo

ブログ

より多くのイタリア人は住宅ローンと手頃な価格の

を含め、家を

  • photo

調査は言う。

Tecnocasa公知の連鎖は、44歳未満の青少年のカテゴリに興味深い市場調査、またはそれらのイタリアの国民を導きました。目標は、関係が家を購入する人、賃貸を選ぶ人たちの間に存在するかを理解するために、市場の動向を把握することでした。
調査によると、平均不動産価格は過去5年間で約10%下落しています。住宅ローンの条件に対しては、特に最初の家を買うために多くの人々を誘導する、改善しています。若者の71.5パーセントのための研究Tecnocasaグループから出てくるデータに基づいて
は家賃のために選んだ28.5%に対して、家を買いました。私たちは、特に大都市に関するデータを分析する場合や、家を買った消費者の割合は67.7パーセントに低下します。トレンド
したがって、最初の家を購入することで思い切って取ることができるイタリア人の大きな割合で、5年前と比較して増加します。ただ、家は若者が不動産を購入することを決定した主な理由である購入。それは、長年にわたって選択肢をどのように変化したかに注意することも興味深い
。最近まで、それはスタジオとアパートメントに多くのスペースを与え、今日は3と4部屋、独立した半独立のソリューションのための大幅な成長を参照してください。敗者は非常に小さい住居している、彼らは彼らの率の減少を参照してください。両方の価格と住宅ローンの条件の面で、安価な市場の状況のヤング短いという利点が
。融資はこれまで以上に通知され、おいしいの機会を利用することができ、現代の消費者の目に魅力的な資源であるが、前回の記事で見られるように。また、興味深い
は、主に住宅のソリューションのために使用されている状況賃料、です。家賃のための部屋を取ることを選択する人のうち、67.3パーセントは、単に研究に関連する理由のために住居、ビジネス目的のために29.1%と唯一の3.6%として使用するためにそれを行います。もちろん大都市に移動し、学生や大学の数は、この場合のパスの理由割合は6.9%である、大幅に増加しました。

関連記事