WebSeo
...
WebSeo
2019-10-17 09:30:08
WebSeo logo

ブログ

フィフス割り当て:消費者のヘルプでAdiconsum

過剰みなさトピック

アニュアルレポート金融バンキング仲裁人の報告によると、唯一2017年に消費者は、給与や年金に対する彼らのローンに関連するだけでなく22232苦情を上実施してきました。何かが間違った方向に行っている必要がありますどのように示唆している、少なくとも高いと気になると言うことの数です。 2018年わずかに良い状況が、我々は常に非常に高い値です。このケースでは、予想されるよりも、確かにはるかに多く、17372人の控訴話します。私たちは何が起こっているかを理解しようと問題は、私たちに影響を与えることができます。給与や年金の転送以下の誤った控除があったことを
さんは秘密ません。銀行や金融関係することにより、手数料の様々なタイプとして、通常正当化、多額の話もあります。実際には、正確にエラーが発生し、消費者は今、今、いくつかの年の間に起こって、控訴の波を介して自分の権利を主張しようとしています。事前に給与や年金の転送をオフに支払っているの市民を満たすために
、Adiconsum(消費者の防衛と環境協会)が提供する、一連のイニシアチブを開始しました正しい方向にあなたを導くことが可能なツール。これは、広告キャンペーンを開始しますが、ガイドとオンラインヘルプサービスもあります。これらのツールを利用するには、ローンの返済がありません10年以上前に発生している必要があるので、2009年の期限です。警告:これは結論絶滅自体を指し、そしてません。契約は10年以上前に署名されていた場合は、Adiconsumはまだ分析・評価を進めることができます。 E
「番号06-44170234またはassistenza.consumatori@adiconsum.itで電子メールを介して第五Adiconsum割り当てのサポートサービスに連絡することができます。

関連記事